シアリスのジェネリック副作用について

シアリスのジェネリックとはタダラフィルという物質を採用して精製された男性ED勃起障害治療薬です。シアリスは、 2003年にアメリカのイーライリリー社が製造を開始して、日本では2007年がら発売となりました。世界で3番目のED治療薬になります。

シアリスのジェネリックカマグラの有効成分であるタダラフィルという物質はバイアグラのシルディナフィル、レビトラのバルナデフィルと同様に、PDE-5という酵素がcGMPという陰茎内の平滑筋を緩ませて血流を良くして、勃起を促す物質を分解してしまうのを防ぐ、健康なペニス勃起を促します。タダラフィルはブロック状をしており、体内に入ってからも分解されるまでに時間がかかるために、長い時間効き目が続くようです。

シアリスのジェネリック副作用については、シアリスと同じく、偏頭痛や顔が赤くなる、ほてるなどで、シアリスを服用した人のうち20%ほどにおいて発生しています。その他にも、めまい、鼻水、鼻ずまり、消化不良、腰痛、筋肉痛、背痛、情緒不安定、下痢、発疹が起こる場合もあります。

偏頭痛や顔が赤くなるのよんな症状の原因は、シアリスの有効成分であるタダラフィルの効果で、血管が拡張されその効果が全身に発生しているからです。シアリスの効果がしっかりと効いている証拠だと思ってください。

シアリスのジェネリックの副作用は体の状態によって決まります。服用の際には医師の診断をよく聞き、用法用量を守って服用しましょう。もし、こうのような副作用を発生するかどうか感じる場合はすぐ病院で診察を受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です